<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
自作自演テロ?
コーディネーターのReiです。
大変恐縮ですが、ロケなどで月末まで留守となります。
機会をみて、アップできるよう頑張ります。


さっそくですが…。
昨日、路上でチラシをもらいました。(普段は貰わないのですが、真剣に配っている白人女性の勢いに圧倒されました。)911テロ事件はアメリカの自作自演だという内容で、矛盾を指摘してました。もちろん人それぞれ解釈の仕方はありますし、今となっては真実は誰にも分からないのですが、概要をご報告しますのでお考えいただければ幸いです。



1)なぜ飛行機の燃料による火災だけで、地下のエレベーターのシャフトの鉄骨が解けるほど熱くなったのか?溶解温度に矛盾がある。
2)1848年のメキシコーアメリカ戦争で、アメリカは自作自演により開戦した。62年に作られたノースウッド・オペレーションは実行されなかったものの、自作自演によってキューバ侵攻の口実を作る計画だった。(ベトナム戦争、パールハーバーもそうだという説があります。)
3)テロ事件がおきてから24時間以内にFBIが自殺テロリストとして公開した19人の写真があるが、うち7人は今もアラブ諸国で生きているとBBCとレバノン・テレグラフが確認している。



詳細は下記のサイトをご参照くださいませ。
www.911truth.org
www.st911.org
www.911blogger.com
www.911proof.com
www.wtc7.net
www.911busters.com
www.ny911truth.org
[PR]
by officekei | 2006-09-11 01:31 | ニューヨーク
スピリチュアル銀行口座
コーディネーターのReiです。
今日もニューヨークは良い天気ですね。もうすぐ911の5周年記念です。



さっそくですが…。
この間、週刊朝日でスピリチュアルカウンセラー江原啓之と林真理子の対談を読みました。本当にすごい人気なんですね。今日はスピリチュアルに関連した興味深い記事が地元雑誌New York Spiritに掲載されたので、概要をご報告します。


栄養士で博士号を持つアンマリー・コルビンは12年前、ヒーラーのピーター・ロスから人生にいらいらしている理由を指摘された。スピリチュアル銀行口座が空っぽだったのだ。無償で誰かに奉仕(サービス)する事が、めぐりめくって自分の心を豊かにするという。しかし子供を抱えながら長時間働く彼女に、そんな時間はない。すでに栄養カウンセリングによって多くのクライアントに奉仕しているのに、これ以上の奉仕だなんて必要ないとも思った。何をすれば、スピリチュアル銀行口座に貯金できるかも分からなかった。でもとりあえず、盲目の人に読書をするボランティアを始め、だんだんと自分が心から共感して推進したいと思う事に時間を無償で割く楽しさに気づいてきた。

新しくスピリチュアル銀行口座に貯金していきたいと思う初心者に、彼女はこうアドバイスする。
1)
特定の事、または団体など、自分が応援したい事を決める。(→例えば環境問題、スローフードの啓蒙、異文化交流、教育問題、貧困問題など…。)
2)
自分の時間の5%〜10%をボランティアにあてて、楽しむ。
3)
もしボランティアの内容が自分にとってつまらないと感じ始めたら、別のボランティアを探す。



私も今度から始めてみようと思ってます。
お薦めの非営利団体、NY de Volunteerです。
リンク集もお薦めです。




人気ブログランキングに参加しております。1日1クリック、宜しくお願いします。
d0037483_1301061.gif人気blogランキングへ

弊社のHPは下記の通りです。どうぞ宜しくお願いします。
www.officekei.net

ハンガーサイトで1日クリック、無料の募金活動にご協力くださいませ。
www.thehungersite.com
[PR]
by officekei | 2006-09-08 05:54 | ネタ・企画
9/11
コーディネーターのReiです。
もう秋ですね。グリーンマーケットではリンゴが出回り始めてます。



さっそくですが…。
今日のAM New Yorkで、「The ills of 9/11」という健康特集が掲載されました。昨日発表された研究によると、警官/作業員/ボランティアなど9442人中、70%が慢性的な呼吸障害をもっているとのこと。マウントサイナイ医療センターで世界貿易センターの医療スクリーニングプログラムを共同で率いたロビン・ハーバート医師は、これで世界貿易センターと健康問題の関係が明らかになったとコメントしてます。

特に今回は、僅かながらでも保障されている消防隊員や警察官だけでなく、全く保障のないボランティアや瓦礫を撤去した作業員たちも含めて、大規模に研究された事がポイントです。残念ながらニューヨーク市長ブルームバーグはこの結果に対して、たった一度の事故でこのような問題が起きるとは信じられない(I don't believe that you can say specifically a particular problem came from this particular evernt.)とコメント。これまでテロ事件後の健康問題について、すでに死者が出ているにも関わらず、アメリカの大手メディアは軒並み無視、または非常に短く報道するだけでした。ひょっとして圧力がかかっているのではと疑ってしまうほどです。

当時、ニューヨーク在住の日本人クルーは連日のように取材を続けました。彼らにも呼吸障害は起きるのでしょうか?去年取材したアメリカ人ジャーナリストは、埃だけでなくアスベストの被害も数十年後に起きてくる可能性があると言ってました。





人気ブログランキングに参加しております。1日1クリック、宜しくお願いします。
d0037483_1301061.gif人気blogランキングへ

弊社のHPは下記の通りです。どうぞ宜しくお願いします。
www.officekei.net

ハンガーサイトで1日クリック、無料の募金活動にご協力くださいませ。
www.thehungersite.com
[PR]
by officekei | 2006-09-07 02:31 | ニューヨーク
飼い主を救ったペット
コーディネーターのReiです。
来週の月曜日、9月4日は祝日、Labor Dayです。弊社スタッフ一同、お休みさせていただきます。翌、5日からは通常通りの就業です。どうぞ宜しくお願いします。




さっそくですが、People雑誌(2006年9月4日付け。またの登場です…)に飼い主を救ったペットの特集記事がありました。幾つか抜粋してご報告します。

1)オハイオ州コロンバス、2005年12月。911の通報を付けて警官がGary Rosheisenの家にかけつけた時、ゲリーさん本人は倒れていて電話をかけられるような場所にはいなかった。どうも居間にいた猫が電話をかけたらしい。実はゲリーさんは緊急事態に備えようと、猫を2002年に飼い出した頃に911の掛け方を教えようとした事がある。しかし猫が迷惑電話をかけてしまったらと心配して、訓練をやめていた。本当に猫が991通報したかは確認のしようがないが、いずれにせよゲリーさんは奇跡が起きたと感謝している。

2)ミズーリ州ブレントウッド、2005年。愛犬のゴールデン・リトリーバー、カムデンが癌のため死亡し、飼い主のSteve Wernerは悲しみにくれていた。カムデンにはリグリーという姉妹がいたので、スティーブさんはリグリーと一緒にいる事が多くなった。そのうちスティーブさんはリグリーが自分の右の耳の匂いをよく嗅ぐ事に気づく。ちょうど犬が人の癌を嗅ぎ分けられるという内容のテレビ番組をみたスティーブは、念のため病院へ。そして悪性ではないが、ゴルフボール大の腫瘍が発見された。あと1年発見が遅れたら、脳梗塞か死に至っていたかもしれない。犬が良性の腫瘍を本当に嗅ぎ分けられるかは分からないが、スティーブさんはリグリーと一緒にいられて幸いだとコメント。

3)イリノイ州ポートバイロン。Ed Murphyはガレージセールでウサギを見て飼う事にした。10日後、エドはウサギが朝3時から籠の中で必死に跳ね回っているのを見て不思議に思う。いつもの調子でない。やがてエドは妊娠中の妻ダーシーが昏睡状態に陥っている事に気づき、通報した。ダーシーは糖尿病患者でインシュリンのショック状態だったという。もしウサギが騒がなかったら、ダーシーもお腹の子供も死んでいた。テキサスA&M大学のボニー・ビーバー医師によると、ダーシーは糖尿病患者のため昏睡状態中に体から大量のケトンが出ていた可能性があるという。空気中にある大量のケトンにウサギが驚いたかもしれない。




人気ブログランキングに参加しております。1日1クリック、宜しくお願いします。
d0037483_1301061.gif人気blogランキングへ

弊社のHPは下記の通りです。どうぞ宜しくお願いします。
www.officekei.net

ハンガーサイトで1日クリック、無料の募金活動にご協力くださいませ。
www.thehungersite.com
[PR]
by officekei | 2006-09-01 06:06 | ネタ・企画